右手に栞、左手にオペラグラス

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒さよりも、あなたのせい

<<   作成日時 : 2017/01/15 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【冬のまぁみりSS】

※例のファンタジー設定























雪こそ降っていないもののうす曇りの空は白く、空気は冴え冴えと冷たい。
(息も真っ白だぁ・・・)
煙のような、湯気のようなそれが面白くて、凛音はふーっと長く息を吐く。
今日は久々の休日。
朝夏と出かける約束をしているのだが、彼はまだ現れない。
一度連絡を入れてみた方がいいだろうか、と凛音が考えていると、後ろから慌てた声がした。
「ごめん凛音!出がけにちょっとばたついて遅くなった」
待ち人の声に、凛音は笑顔で振り向いた。
走ってきたのか、朝夏は息を切らせている。
「朝夏さん。いえ、大丈夫ですよ、全然待ってません」
膝に手をついて息を整えていた朝夏が、凛音の言葉に顔を上げると、
「嘘つきだな、凛音」
「え?」
「けっこう待っててくれただろう。・・・鼻が赤くなってるし、」
言いながら朝夏は両手を伸ばして凛音の耳を覆うと、そのまま彼女の顔を引き寄せた。
「耳も冷たくなってる」
「・・・っ!」
至近距離で見つめられ、凛音は鼻どころか顔中赤くして絶句した。



***********************************************

この冬、まぁくんグッズのイヤーマフを買って愛用しているんですが、イヤーマフって暖かいですね!
使うの初めてだったんですが、予想以上でした。
で、この冬の寒さから私の耳を守ってくれているまぁくん(のイヤーマフ)・・・というところからの妄想SSでした(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寒さよりも、あなたのせい 右手に栞、左手にオペラグラス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる