右手に栞、左手にオペラグラス

アクセスカウンタ

zoom RSS 君の命に乾杯

<<   作成日時 : 2017/08/08 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【オペラグラスメモ】
「邪馬台国の風/Santé!!―最高級ワインをあなたに」
宝塚歌劇団花組/東京宝塚劇場

友会とVISAの共同貸切公演に行ってきました。

弥生時代のお芝居って観るの初めてかも?
前評判が良くなかったので、どんなものかな…と思いながら観に行きました。

結果。
うん、確かに面白くはないね(…)

中盤で睡魔に襲われそうになりました。

でも何だろうな…題材とか、基本的なストーリーはそれほど悪くもないと思うんですが、どうも盛り上がりに欠けるというか…。
何が悪かったんだろう…。

・少年タケヒコ(華優希ちゃん)が青年タケヒコ(みりおちゃん)に変わるとこと、その後のお師匠様の「お前はあっという間に大きくなった」のセリフが一番面白かった気がする。

・殺陣がちょっと…いや、だいぶ物足りなかったような…。
もっと大人数で、派手めな殺陣があればよかったのに。
なんか5〜6人のグループで、負ける方がすぐに負ける殺陣が多かった気がします。

邪馬台国、片想い多すぎ問題。
祭りのとこ、想い人を祭りに誘う→振られる→振った方が想い人を祭りに誘う→振られる、の連鎖で途中からだんだん面白くなってきちゃったよ。
しかもその片想いが、みんなその後特に何も展開しないで終わるっていう…。
何のための片想い描写だったのか…。

・タケヒコが旅立つラスト。
卑弥呼の予言通りになったわけではあるのですが、なんで卑弥呼と別れることを選んだのか、いまいち釈然としない。


ショーはすっごく楽しかったです!
私は2階席だったのですが、客席降りがあるから、1階だったらもっと楽しかったんだろうな〜。

プロローグがすごく楽しい!
これ、私が花ファンだったら、このためだけにでも通えるやつ…!
ホント大介ショーのプロローグは好みなことが多いなあ。
ただ、娘役の衣装…タカニュとかで観て可愛いなーと思っていたんですが、実際に観たら、何となく太って見える…ような…。
ゴールドとワインレッドの切り替えがダメなのか…?

・くり寿ちゃん、華優希ちゃん、咲乃深音ちゃん、舞空瞳ちゃんによるアンジュも可愛いです。
通し役っぽい感じでちょいちょい色んな場面に出てました。
くり寿ちゃん以外の3人は、まだあんまり見分けつけられてないのですが、華優希ちゃんと瞳ちゃんは時々分かるようになったかも?
(でも次回公演また分からなくなってそう)

・あ、プロローグ前にキキ、れいくん、あきら、ちなつ、マイティによる女装競演が(笑)
みんな綺麗でした〜ゴージャス。
ガウンっぽい衣装は脱ぐんでしょ?下はダルマなんでしょ!?って期待してすみません(脱ぎませんでした)

・シャトー・ベイシュヴェルというジゴロ場面。
ヤンさん振付なんですけど、クールでお洒落でとってもカッコよかった!!
みりおちゃんメインなのですが、キキとれいくんとあきらとちなつがそれぞれの仲間?を率いて踊るみたいなとこがあって、そのグループの入れ替わり方とかフォーメーションも面白かった。
ヤンさんの振付はいつも外れがないな。
最後、1列になるところも最高だったし、みんながキメた後、みりおちゃんだけもう1ポーズ取って終わるのも大好きです。

宙組でも観たかったな〜と思わず妄想してしまった。
ここも、「これだけのために通える」場面!

・ロケットはカンカン仕様。
れいくんがロケットボーイなのですが、最初だけかと思ったら最後まで全部踊ってた。
ちょっとお茶目な振付もあって、可愛かったです。

・モメサン・シャルドネ。
あきらと女装マイティのデュエダン、和海しょうくんのソロ場面。
あきらとマイティのダンス、キレよくてカッコよく、振付は色っぽいのですが、マイティの鍛え抜かれた腕やお腹を見ると「男」と思ってしまう罠(まごうことなき女性の腕とお腹なのに…)

・ボクサーのマギーと、ピアフの美穂お姉さまの場面。
場面としては素敵だし、美穂さんの歌もさすが。
だけど、大介はちょっと美穂さんをメインで使いすぎだと思う。
同じ専科でも、マギーをメインに持ってくるのとはわけが違うよ。
場面のポイントとか、スーパーサブとして使うのはもちろんいいんですけど、その場面のヒロインポジで使っちゃダメでしょう…。
それは組内の娘役に振ってあげてよ、と思ってしまいました。

・エラフルールのくり寿ちゃんのソロがすごく良かった。
少年少女合唱団みたいな清らかさのある声だな〜と思いました。

・デュエダンのゆきちゃんのドレス可愛かった。
胸元に紫やピンクの花がたくさんついてるの。

・パレードもプロローグ同様盛り上がって楽しかったです。
最後、みりおちゃんがせり上がるのって新しい!


キキのことを「未来のうちの子」と思って観てしまった(笑)
れいくんは頑張ってるけど、2番手はやっぱりまだ早いと思うなあ…。
キキの後、誰か来るんじゃないかと思うんですが、どうなんだろ。

ゆきちゃんは綺麗だし上手だけど、どうも別格娘役の印象がぬぐえないまま終わってしまった。
ゆきちゃん、舞台メイクだとちょっと老けますよね…。
スカステの特番のオフメイクは可愛かったので、舞台メイクももう少し何とか…。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
君の命に乾杯 右手に栞、左手にオペラグラス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる