泣きぬれた子供のように

【オペラグラス】
「ファントム」
宝塚歌劇団雪組/東京宝塚劇場
画像

やっと今年の初観劇!
新年のお花と一三先生…今年もよろしくお願いします。
公演デザートも食べました。

今回の雪組ファントム、大変評判が良かったので期待していました。
が、同時に私はファントムに関しては初演の宙組版に並々ならぬ思い入れがあるので、どうなのかな?という思いもあったのです。
杞憂でした。
雪組ファントム素晴らしかったよー!!

セットや演出、振付が変わったので、懐かしくも新鮮に「新しい作品」として観られたおかげもあると思う。
けど、やっぱり一番はトップコンビの、特にだいもんの歌と演技のおかげですね。

だいもんエリック、めちゃくちゃ良い子で可哀想で泣けた。
まずビストロ後、クリスティーヌとフィリップが楽しそうに去った後、せり上がってきたエリックがクリスティーヌに渡せなかったお祝いの花束を抱いているのを見て、無理無理無理かわいそう止めてあげて!(涙目)ってなりましたからね…。
あとはやっぱり2幕の「My true love」からの流れね!
きほちゃんクリスティーヌの歌も素晴らしかった。
本当に心からエリックを愛していて、まっすぐにエリックに想いを伝えようとしているのが分かった。
でも、ダメだったんだ…。
笑顔が徐々に凍り付いて、逃げ去ってしまうクリスティーヌ。
愛は万能ではない、と、客席でしみじみ思った。
クリスティーヌが去った後のエリックの泣き声が可哀想で、もう…。
今すぐ舞台に駆け上がって、泣き崩れてうずくまるエリックを抱きしめてあげたいと思いました。
その後の「My Mother Bore Me」も聞いてるのが辛かった。
そして、地上に出て撃たれて、キャリエールさんにクリスティーヌとの顛末を話すところ。
エリックはあんなに傷ついたのに、クリスティーヌに対して怒ったり恨んだりしても構わないのに「彼女は悪くない」とか「あんな瞬間なら、生きるに値する」とかさぁ…(泣)
良い子すぎるだろ…。

あと、今回、すごく印象に残ったのは、エリックの優しい歌声。
私は今までだいもんの歌って、迫力とか力強さを感じることが多かったんですが、今回初めて「柔らかさ」を感じた。
とてもやさしくて、でもどこか寄る辺のない、ふわふわとした柔らかさ。
見た目あんな美青年ですけど、優しくて傷つきやすい、小さな男の子そのもののようだっただいもんエリック。

その他いろいろ。

・きほちゃんの歌も全部良かったよー。
クリスティーヌの衣装もどれも可愛かった。
ビストロのときの白いドレスは従者が作った設定だそうですが、その腕があれば立派に地上で生きていけるよ(笑)

・ビストロの後、フィリップがめっちゃ口説いているのに「オペラ座で歌うのよ!」て全然聞いていないクリスティーヌが初演の時からツボです(笑)

・ヒメのカルロッタもとても良かった。
はまり役ですね。
技術的には上手い歌なのに「騒音」に聞かせるのすごいなあ。
ちょっとした演技で思わず笑ってしまうところもたくさんあった。

・あゆみちゃん&ひーこちゃんの従者、ものすごくカッコよかった!
最初に従者に娘役が入るって聞いたときはエリザの黒天使みたいに基本男役って感じなのかな?と思っていたら、衣装は男役と同じだけど、娘役として出ていた。
あゆみちゃんは片側サイド編み込みみたいにしたストレートロング、ひーこちゃんがウェーブかかったボブをハーフアップにした感じ。
男装の麗人というのともちょっと違う佇まいで、ああいうの初めて見ましたけどとても素敵でした。
ダンスがホントにカッコよくて!
あゆみちゃんが正装のときは髪をキリっと後ろでひとつに結んでいるのも素敵だった…。

・そんなあゆみお姉さまが、フィナーレの娘役群舞では唇に人差し指を当てて悩ましいウィンクをしているのを目撃してしまい「ギャッ!」となりました。

・だいもんエリックが予想以上に「男の子」だったのもあったと思うけど、咲ちゃんキャリエールさんもちゃんとエリックより年上に観えた。

・しかし何回観てもキャリエールさん酷いよね。
今とは結婚とかに対する考え方も違うだろうとは思うけど、でもやっぱり咲ちゃんとひとこちゃんが全部悪いんじゃん!(役名で言って)

・あーさフィリップはキラキラでいかにも社交界の人気者って感じ。
クリスティーヌを助けに行くときの歌が変更になったのって前回からでしたっけ?
場面にしっくりくるのは今のほうなんだけど、初演の「今すぐ聞かせておくれ!」ソングがちょっと懐かしい(笑)

・ベラドーヴァのひらめちゃんも美しい声と優し気な表情で良かったです。
「エリックの物語」のラスト、苦悩するだいもんエリックの後ろで、子エリックとベラドーヴァがものすごく幸せそうな笑顔で抱き合っているのが余計に泣けるしツライ…。

・ショレさん髭つけるとちょっと翔ちゃんって分からないかも。
フィナーレの美青年と同じ人とは思えんよね…。

・ジョセフ・ブケーって前から墜落死だったっけ?
初演の時、エリック自らナイフで刺してなかった?

・1幕も2幕も最初に映像演出が入るのですが、映像綺麗だし、作品世界に引き込まれる感じでなかなか良かったです。

・歌詞がものすごく聞き取りやすかった。
私はまあ、だいたいの歌詞は覚えているので分かって当然と言えば当然なのですが、初見の友達も「歌詞がほとんど分かった」と言っていました。
「高い音でも何て歌ってるのか分かったのがすごい」って。
初ヅカの友達を連れて行ったんですが、褒めてもらえて嬉しい。

友会とVISAの共同貸切の回だったんですが、その友達がだいもんのサイン色紙を当てた!
そして私に譲ってくれた!
画像

今回、席も1階8列センターブロックという良席で、色紙も当たるし、友達のビギナーズラックのおこぼれがすごい(笑)
ありがたやーありがたやー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック