天使の都

【オペラグラスメモ】
「夢現無双―吉川英治原作『宮本武蔵』より/クルンテープ天使の都」
宝塚歌劇団月組/東京宝塚劇場
画像

画像

月組新トップコンビお披露目公演、そしてみやちゃんの退団公演でした。

お芝居は原作未読なので、どの程度、原作に近かったのか分かりません。
とりあえずヅカのお芝居としてはシンプルにつまらなかったと思います。
最初のセットがタイトルロゴも波のデザインも華やかで、プロローグはすごくカッコよくてわくわくする感じだったのに…。
前述のとおり、展開やセリフがどこまで原作に忠実なのか分からないのでアレなんですが、登場人物のセリフがいまいち理解できず。
なんか会話になってなくない?と思ったり、論理的におかしくない?と思ったりすることが多くて入り込めませんでした。
齋藤くんはやっぱお芝居向いてないと思う、ショーだけに専念した方がいい。

良かったのはプロローグとみやちゃん小次郎の美剣士っぷりくらいかな(真顔)
あ、ありちゃん清十郎もなかなか艶っぽかったです。
ありちゃんでこういうキャラ観たことなかったので一瞬誰だか分らなかった。

お杉さんがどうしてあんなに武蔵にきつく当たるのか分からん。
夏月都ちゃんのおばあちゃん演技は上手だったけど、観ててあまりいい気はしなかった。
少なくともお通と又八が上手くいかなかったのは100パー又八のせいでは!?

ショーは楽しかったです。
頼むから役名に日本語訳をつけてくれ大介…!

タークシン王のみやちゃんが1人2・5次元。
え、原作はなんて少女漫画ですか?って思った。
さいとうちほ作画っぽい…。

・れいことありちゃんの場面、明るくて楽しかったけど、あれってドーピングではないの?大丈夫?

・ティーワループさくさく可愛かった~!
正統派アイドルではなく、きびきび踊るちょっとボーイッシュなタイプのアイドルにして正解だったと思います。

・クマイトンサラまゆぽんが素敵でした。
歌めっちゃ好き!上手い!!
このまゆぽんに感じる素敵さは、キンキーのローラに感じる素敵さと通じるものがある。

・「フルーツに扮した美男美女」とあるけど、衣装にぜんぜんフルーツ味を感じない大介あるある。
(Amour de 99!を思い出す)

・ありちゃんが歌わずに銀橋渡ってたのもアムールのときのドラゴンフルーツ緒月くんの伝説(私の中で)の銀橋渡りを思い出します(笑)(あそこまで叫びまくってはいなかったけど)

・ライキンドクーン。
たまきち&ありちゃん、れいこ&さくさくがカップルで四角関係になって破滅するみたいなクラブ場面。
ショートヘアに金のホットパンツ衣装のありちゃん、勝気美女で可愛かった。
さくさくの白いフワンフワンしたフリルのドレスも可愛い。
たまきちとれいこもそれぞれ雰囲気違う男前で、生きてる世界が違う感出てて良かったです。

・みやちゃんのシンプル黒燕尾での銀橋ソロ。
銀橋渡り終わったみやちゃんがせり下がって、本舞台ではたまきち率いる男役群舞。
そこへ再びみやちゃんが花道からせり上がってきて合流。
という流れが、まるでトップさんのサヨナラ公演みたいだなーと思いました。
餞なんだろうけど、「劇団が精いっぱい気を遣ってる」感じもして、みやちゃんの退団関係のグッズの出方もそうですけど、そんなに気を遣うようなスターなんだったら、素直にトップにしたら良かったのに!と思います…。

ショーはくらげちゃん休演で残念でした。
早く全快するといいね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック