【オペラグラス】
「舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち」
赤坂ACTシアター

陸奥守吉行:蒼木陣
肥前忠広:桜井圭登
南海太郎朝尊:三好大貴
和泉守兼定:田淵累生
堀川国広:小西詠斗
小烏丸:玉城裕規
鶴丸国永:染谷俊之

坂本龍馬:岡田達也
武市半平太:神農直隆
岡田以蔵:一色洋平
吉田東洋:唐橋充
DSC_0923.JPG
宙組の翌日に行ってきました。

私は刀ステではジョ伝が一番好きなのですが、維伝もそれに迫るくらい面白かったです。
基本的にゲームであった特命捜査・文久土佐に沿った内容。
セットや映像もすごかった。
セットが今回めちゃくちゃ動くんです。
殺陣中も動くことがあり、よく見ると時間遡行軍が転換させたりしてる(笑)
すごく迫力あってカッコよかったけど、同時にくれぐれも事故が起きませんように…!と思いました。
階段の上り下りも多いから、体力もすっごい使うだろうな…。
ホントに誰も怪我しませんように。

むっちゃんが主人公としてガチっとセンターにいる感じですごく良かった。
肩から二の腕の筋肉がすごい!(そこ?)
頼れる兄貴感。

肥前くんと南海先生も雰囲気ぴったりで良かったなー。
南海先生が罠を次々設置する場面があるのですが、音楽に乗せた演出になっていてすごく面白かった!
曲が鳴り出したときは「歌うの?ミュ??」って思った(笑)
罠を設置するたびにゲーム台詞を言うのも楽しかったです。

兼さんはミュ兼さんよりちょっと声が低いような。
そのせいか、ミュ兼さんより少し年上感がありました。
堀川くんは甲斐甲斐しかった。

鶴丸と小烏丸の年上コンビな感じがすごくツボでした。
2人とも貫録ある~~カッコいい~~!
悲伝のときも思ったけど、玉ちゃん小烏丸の立ち方や歩き方が徹底してるのすごく好き。
染くん鶴丸はアドリブ(たぶん)もちょいちょい入れてて面白かった。
あとやはり顔が良い。

むっちゃんとか兼さんとか、ミュとステどちらにも顕現している子たちを比べると、ステのほうが全体に重心が下なイメージ。
地に足が着いているというか。
これはそれぞれの作風の印象なのか、役者さんたちの体格の違いからくる印象なのか?
ミュも本編はシリアスだけど、やっぱりライブがあるからな~。
歌い踊ってると軽やかな印象になるような。
(念のため言うけど、どっちがいいとかじゃないですよ。どっちも大好きです)

人間キャストのみなさんもみんな演技が上手くて良かった!
最後のほうの龍馬さんが切ない…。
武市さんもしんどい…しかし声が良くて、出てくるたび「声が良い…」と聞き惚れてしまった。
以蔵さんと肥前くんの殺陣の感じが似ていて、それも何かこう、しんどいですよね。
吉田東洋の圧もすごかった、こう、つい膝をついてしまいそうになる感じ。

後半、謎の時間遡行軍が出てきます。
最後のほうで傘を外して、まんばちゃんだということが判明するのですが、あれはどういう…。
どの、というか、どこのまんばちゃんなの?
ステ本丸のまんばちゃんなのか、ステ本丸の別の時間軸のまんばちゃんなのか、別の本丸のまんばちゃんなのか?
本編中で、かつて吉田東洋に敗北した男士たちがいることが語られるんですが、その中にもまんばちゃんがいて、それか?ともちょっと思ったり。
あと何で時間遡行軍の姿なんだ問題。
変装的な意味合いなのか(それにしては凝りすぎだと思うけど)、闇落ち…?
闇落ちのわりには正気を保っているようにも見えるしなあ。

今回、パンフも意味深なのです。
後ろの方に今まで登場した男士の名前が見開きでずらっと書いてあるページと、これまでのタイトルがやはり見開きで書いてあるページがある。
鶴丸とかばみとか、キャス変したことのある男士は、名前も複数載ってるんですね。
前から言われてるけど、刀ステにおけるキャス変は、単なるスケジュールの都合とかじゃなく、物語上の意味があるのか…?
タイトルのほうは4カ所、明らかに消した(消された?)みたいになってるとこがある。
見ようによっては「歴史改変された結果、消えた時間がある」みたいにも見えて、めっちゃ気になる…。
とりあえずあと4作品はやるってことなんでしょうか、それで完結するのかなあ?

ところで、ゲームでも見るたび思うけど政府の通信、なんであんなに電波状況悪いの?
何でもない事務連絡でもやたら不穏な感じになるから、もう少し普通に入電してほしい。

千秋楽配信も予約済みです。
当日は仕事の都合で最後のほうしか観られなさそうなので、見逃し配信も付いてるのありがたい…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント