鬼と蛇

【オペラグラスメモ】
「科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』綺伝いくさ世の徒花 改変いくさ世の徒花の記憶」
品川プリンスホテル ステラボール

現地で1回、大千秋楽配信+再配信を観ました。

4ヶ月以上ぶりの生観劇、楽しかったです。
その場で舞台を観ることができるということの貴重さが、いまはより染みる…。

「科白劇」ってどんなかなあと思っていましたが、語り手ポジションの「講談師」がいる以外は、わりといつもの刀ステでした。
キャストは全員、透明マスクをつけていましたが、思っていたより気にならなかった(席が遠かったのが逆に幸いしたのかも)
キャスト間の距離を保った演出も、事情を知っているから「工夫しているのね」と思うけど、仮に知らなかったら私はぜんぜん気づかなかったのでは?と思います。
それくらい自然で無理のない演劇になっていました。
末満さんすごい。

・講談師の語りを初めて生で観たのですが、すごく良かった。
特に戦闘シーンの盛り上がりがすごくて「これは、江戸時代の庶民とかもワクワクしながら剣豪ものとか聞いたんだろうなー!」と思いました。
「誰だ誰だ誰だ、山姥切長義だー!」とかめちゃ興奮しました。
あと相当早口でもちゃんと言葉が聞き取れるのもすごい、さすがプロ。

・刀剣男士は新キャラも含め、みんな良かったです。
歌仙さんの力強い一閃がいかにも「力押しの文系」っぽくて大好き。
地蔵と古今さんの独特な立ち方も。

・にっかりさんと亀甲の謎コンビ感も好き。
亀甲さんは演技とか含め、全体的に一番好きでした。

・獅子王ちゃんの鵺、あれずっとつけたまま動き回るの大変だったろうな~すごい。
獅子王ちゃんが大友宗麟に「神様はいる」って言ってあげるの、すんごい優しさ溢れてて大好きです。
いい子…お年寄りに優しい…。

・長義がいちいち良い声で聞き惚れる。

・かいちゃんガラシャ様、後半で衣装チェンジ、まさかトート閣下になるとは思っていなかった。
客席で噴きそうになったわ!
袖から飛んでくる薙刀をキャッチするのもカッコよかったです。
(よりによって大千秋楽で取り損ねてしまったの、本人も悔しいだろうな…)
若かりし日の忠興さまとガラシャの場面、2人とも可愛くてほっこり、からのしんどい展開…。

・ガラシャさま、カーテンコールでは元の衣装に戻るのかと思っていたら、そのまま颯爽と出てきたのもちょっと笑ってしまった。

・高山右近さん可哀想だった。
忠興さまとガラシャさまに幸せでいてほしかっただけなのにねえ…。

・黒田氏の「刀剣男士は自分たちが勝つまで歴史を繰り返す」って指摘、なんか改めて言われると「す、すみません…」て気持ちになるな…。


綺伝をいつか観られるのを楽しみにしています。
今回のとどう変わるのかな?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント